スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

docomo3G固定の件と4Gをつかむ方法



ブログ









フォーム






コメント欄で話題になりました件です。

なぜ3G固定になったり、4G↔︎3G自動変更になったりするのか...
俺ハナが解説!?(笑)してみます。
でも確実な事実ではないので、今現在の状態では一番信用できるのかもです(・ω・)ノ

ではでは只今から動画を撮ってUPしましょうか。(笑)

証拠としてただいまの時間としてのスクリーンショット








2013/12/11 pm2:00更新
http://oremohana.blog.fc2.com/blog-entry-142.html








↓↓新しく始めました↓↓
面白ネタをツイートします!!







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

圏外病の原因

 LTEの件とは直接関係ありませんが・・・
 iR0se toolの機能を考えると、圏外病の原因は2Gに固定されてしまう事だと思われますね。AT&Tでは3Gがメインですが、2Gエリアも減りつつはあるもののまだ残っています。実際に2Gのみに対応している下駄を使うと、稀に電波を掴みます(なぜか通信はできませんが)。R-SIM7+を使用して圏外病になったまま放っておくと、これもまた稀に電波を掴みます。

 R-SIM7+の仕様として、長時間電波が掴めないと、中国で一番安定していて電力消費も少ない2Gモードで待機する様になるのでしょう。もしそうなら、2Gモードにしない様にプログラムを書き換えるだけで圏外病にならない様にできるのでしょうね。

 ただ、R-SIM7+の製造元が動作原理を理解していない(で他の下駄を模倣している)という話も聞くので改善されないかもしれません。わけもわからず真似したら動作するものができてしまったのならば傑作ですね。

Re: 圏外病の原因

こんにちわ、Fair Reviewer様。
コメント返信遅れて申し訳ございません。
Fair Reviewer様のおっしゃる通りだとおもいます。
中国で製造されたのだったら、恐らく中国用の仕様であり海外で使えるかどうかなんて製造の工程で確認できないはずです。
俺ハナもiOS7でドコモ4Gをなんとか使い続けてきていますが、何となくこつがわかった気がします。
4Gでも3Gでもそうなのですが、圏外になった瞬間に設定>キャリアの自動を切り替えたり、キャリアをクリックしたりすると、繋がり直してくれるみたいです。
一方、圏外になったことに気づかずに5分くらい放置してしまったR-SIM7+とドコモSIMではもう、アクティベーションと再起動を上手く使ってつなぎ直す以外に4G⇆3Gが自動的に切り替わるSIMアンロック状態に戻せないと思います。
その圏外をSIM App設定をしてSIMを取り出し、ドコモ端末で修復後SIMを刺し直しても、すぐに圏外になります。

R-SIM7+以外ではまだ日本で使えるSIM下駄はあるのでしょうかね。
さらに、LTEが使えるとなると、技術的にそう簡単には作れないでしょう。
さらにさらに、R-SIM7+は他社下駄のコピーの改良であるという情報からR-SIM7+製造側も原理を把握していないのだと思います。
その結果R-SIM7+の後に出た、より省電力で改良されたSAMSIMでは日本では一切使用できなかった、という事実に噛み合いますね。
そのSAMSIMの次に出た、R-SIM8、R-SIM9、R-SIM9+は俺ハナではまだ確認していませんが(コメント欄にておやじ様がR-SIM8のソフトバンク版で動作確認しております)、3G通信や4GLTEが使えるとは公式に発表していないことからおそらく、R-SIM7+と同等もしくは日本では使えないかもという予想ができます。
R-SIM7+の価格も日本の相場から言いますと、発売当時の3000円近くから現在は500円程度で買えるようになり、パッケージをリニューアルして利益率をあげようとしているのかもしれません。R-SIMの基盤の内容は全く同じかもしれないww、あくまで予想ですけど。

しかし、今後はR-SIM以外のSIM下駄も急速的に開発を進めていくと思います。
なぜなら、俺ハナのブログでも紹介しています、中国移動ChinaMobileが4Gサービスを始めたことから、中国国内で4Gが使えるようになります。
それに伴って、値段の高い中国版SIMフリーiPhoneよりも日本のキャリア版SIMロック版の方が値段的にも3分の1程度で入手できるので、必ず中国でも日本版そのようなiPhoneを手に入れてSIMロックをなんとかくぐり抜けて中国で4Gを使いたいと思う人はいます。
ご存知の通り、長年Appleが中国の消費に目を付けてきたくらいは需要がありますから、この大きな市場を無視するというようなことはないでしょう。
長文になってしまって、文の繋がりがおかしくなっているかもと思いますが、すいません。
今後ともどうぞ、俺ハナをよろしくお願いします。

>  LTEの件とは直接関係ありませんが・・・
>  iR0se toolの機能を考えると、圏外病の原因は2Gに固定されてしまう事だと思われますね。AT&Tでは3Gがメインですが、2Gエリアも減りつつはあるもののまだ残っています。実際に2Gのみに対応している下駄を使うと、稀に電波を掴みます(なぜか通信はできませんが)。R-SIM7+を使用して圏外病になったまま放っておくと、これもまた稀に電波を掴みます。
>
>  R-SIM7+の仕様として、長時間電波が掴めないと、中国で一番安定していて電力消費も少ない2Gモードで待機する様になるのでしょう。もしそうなら、2Gモードにしない様にプログラムを書き換えるだけで圏外病にならない様にできるのでしょうね。
>
>  ただ、R-SIM7+の製造元が動作原理を理解していない(で他の下駄を模倣している)という話も聞くので改善されないかもしれません。わけもわからず真似したら動作するものができてしまったのならば傑作ですね。

Re: 圏外病の原因

こんにちわ、俺ハナもそうだと思います。
やはり省電力な下駄を作ろうとしているのだとうかがえますね。

>  LTEの件とは直接関係ありませんが・・・
>  iR0se toolの機能を考えると、圏外病の原因は2Gに固定されてしまう事だと思われますね。AT&Tでは3Gがメインですが、2Gエリアも減りつつはあるもののまだ残っています。実際に2Gのみに対応している下駄を使うと、稀に電波を掴みます(なぜか通信はできませんが)。R-SIM7+を使用して圏外病になったまま放っておくと、これもまた稀に電波を掴みます。
>
>  R-SIM7+の仕様として、長時間電波が掴めないと、中国で一番安定していて電力消費も少ない2Gモードで待機する様になるのでしょう。もしそうなら、2Gモードにしない様にプログラムを書き換えるだけで圏外病にならない様にできるのでしょうね。
>
>  ただ、R-SIM7+の製造元が動作原理を理解していない(で他の下駄を模倣している)という話も聞くので改善されないかもしれません。わけもわからず真似したら動作するものができてしまったのならば傑作ですね。
プロフィール

俺ハナ

Author:俺ハナ
FC2ブログへようこそ!

訪問者
訪問者数をカウントしてくれます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。