スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたならどのiPhoneを買う!?ちょっぴり解説 2/3

どうも、俺ハナです。
2/4は突然の雪で関東から甲信越に行っていたんですけど、もうホント前が見えないわ、渋滞に巻き込まれるわ、事故らないか心配になるわ、と冷や汗だーだーで無事に関東まで帰ってきました。

いつも記事がおkれてしまってすいません。

さてさてテザリングできるかみんな気になっていますよね?

俺ハナは今のところ触ったことがあるデバイスをちょっと書いてみます。
国内SIMフリー iPhone5s
タイ版SIM Free iPhone5
docomo版iPhone5c
docomo版iPhone5s
au版iPhone5s
au版iPhone5
au版iPad mini
au版iPad mini retina
SB版iPhone5
SB版iPad mini retina

au/SB iPhone4S
SB iPhone4
SB iPhone3GS/3G

今回は上の10点についてちょこっとレビューをつけてご紹介します。
時間の関係上、一日ちょっとずつ書いて行こうと思います

docomo版iPhone5s


20140206_001.png

モデルA1453 CDMA/GSM

今回初めてiPhoneの導入し踏み切ったドコモ社のiPhone。
Dマーケットなどのドコモ直営のアプリストアよりもグローバルなAppStoreに人が流れるのではないだろうかと心配しながら渋々iPhoneを導入。
しかし、発売当初はaunoiPhone5発売当時以上にメールが使えない、などの不評とトラブルが発生するが、数か月で通常使用できるレベルになった。

ドコモショップ契約の純正のSIMカードは、iPhone5cと5s、iPad mini/miniRetnaではドコモの周波数にほぼ完全に対応しているため常時高速通信が可能。成長中のソフトバンクとほぼ近差。速度、高速通信可能エリアは申し分ない。ただiPhone5では掴まない周波数があるのでiPhone5での使用はお勧めできない。
同タイトルの1/3(三分の一)でソフトバンクのキャリア内ロック(※俺ハナ造語)についてお話ししたが、もしこれがドコモ版iPhoneで導入されたらSPモード契約以外のmopera契約やMVNOの格安SIMカードが使えなくなると考えられる。
しかしうれしいことにドコモではキャリア内ロック(※俺ハナ造語)が使われていなく、spモード以外の契約のmoperaでもアクティベーションができた。ただし手動でAPNプロファイルをインストールしないとデータ通信ができない。
APN設定についてはこちらの記事を参考に。
格安MVNOのSIMカードでもSIM下駄なしでそのまま使えるというのが魅力だ。
言い換えれば端末のみをオークションなどで入手し、格安MVNOを別途契約すれば月々493円からのiPhoneライフがスタートできる。MVNOでLTE通信をしたい場合はSMSオプションに対応したMVNO回線を提供する会社のSIMカードを買う必要がある。
俺ハナおすすめの格安SIMカードはこちら。



詳しくはこちらに格安MVNOのSIMカードを表でまとめております。
http://oremohana.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

1.月々872円LTE/SMS付/月1GBを超過後別料金

U-NEXT Umobile ダブルフィックス SMSオプション

2.月々493円/3Gのみ/150kbps/データ無制限

DTI serversMan SIM 150

3.月々1155円SIM3枚/3Gのみ/200kbps/データ無制限

BBexcite モバイル3G SIM3枚オプション



ここからの情報は俺ハナの推測ですが、赤ロム(判定×)ってみなさんご存知ですよね?
この赤ロムは分割購入して代金を途中で支払わないと携帯会社が電話回線を切るだけではなく、携帯側の製造番号とシリアルナンバーをその通信会社の基地局に繋がらないようにしてしまうのです。しかし、これまではソフトバンク版やau版のiPhoneしかなかったためMVNOのSIMカードはその2社にはないに等しく、さらにガラケーのSIMを切ってiPhoneに入れても使用できなかったようです。俺ハナは今回ドコモのFoma契約ではないんですが、XiのガラケーのSIMカードをiPhoneに入れてみたところ普通に発着信ができました。これは、と思いMVNOのSIMカードでもやってみると普通に使えるではありませんか。最後にMVNOのSIMカードでLTE通信をしようと思い、噂のSMSオプションを申し込んでみたところこれも普通にLTEが使えました。ドコモさん、結構やさしんですね...長年ドコモを使い続けてきたお客さんがいうだけありますね。やっぱりドコモ。縛りまくっているソフトバンクとは大違い。
と、ここでさらに俺ハナは思いつきましたドコモショップ以外で契約したSIMカード、MVNOのSIMカードとしましょう。これが普通に使えるということは、先ほど書きました通りこのMVNOのSIMカードも最終的にはNTTドコモ社の基地局に繋がるわけですが、APN設定の接続先を思い出してください。dream.jpやumobile.jpやらexcite.co.jpなど、直接ドコモに繋がっているわけではないのです。
ひょっとするとドコモ社はこのMVNOのSIMカードではiPhoneの製造番号とシリアルナンバーをチェックしない、またはチェックできないのではないか!?
と、するとオークションなどで売られている判定×の赤ロムケータイを買ってもAPN設定さえできればMVNOのSIMカードが使えるということになります。

最初にも言いました通り、これは俺ハナの予想ですので、もしどなたか検証してくれればぜひコメントをください。

昔からソフトバンクiPhoneの判定×の赤ロムはSIMアンロックでドコモで使えるというのは有名ですが、今回はもっとすごいです。判定×のドコモiPhoneをSIMアンロック不要でドコモで使うという、なんというストレートな方法でしょうか笑

アクティベーションに使えるSIMカードは全Xi対応SIMカード、ドコモ回線MVNOのSIMカード、FOMAカード(未検証)。

長くなりましたが、spモード以外でドコモ回線を利用する場合はAPN設定が必要です。

1.アプリ(DL後オフラインでも使えます。)
2.Safari(オンライン環境必要)
このiPhoneではspモード契約のみテザリングができます。spモード以外のドコモ回線はAPN設定だけでテザリングはできないですが、脱獄してTetherMeまたは、MyWi7をインストールすることで使用できます。


au版iPhone5s


20140206_002.png

モデルA1453 CDMA/GSM

日本でソフトバンクについでiPhone4Sの時にAppleの公認キャリアとなってiPhoneを導入。

auのSIMカードは場所によってソフトバンクよりも速度は速くなるが、場所によっては3台キャリアの中で一番遅くなる場所もある。全体的に高速通信可能エリアは狭いが通信可能エリアは広い。

au版だけの仕様なのだが本体の製造番号とシリアルナンバーの紐づけでWiMAXの提供するWi2premium_clubなどをはじめとした有料Wi-FiスポットにSIMなし、またはSIMアンロックしてドコモ回線にした場合でも使えるというのが魅力。
ドコモ版、ソフトバンク版にはない機能。
それとは別にauの有効な契約中SIMカードが入っていればau_WiFi2に自動的につながる。

もしこのau版がSIMアンロックできるのであれば俺ハナは真っ先に買いたいキャリアiPhone。
俺ハナの持っているiPad mini/mini Retnaは両方au版で、どちらもDTI serversMan SIM 150をR-SIM7+下駄と一緒入れているのだが外出先でこのW2premium_clubに結構お世話になっている。

auのAndroid端末にあるICロックという機能がついていなく、Android⇔AndroidでのSIMカード相互交換ができなかったのが、Android⇔iPhoneでは相互交換しても普通に使える。
ソフトバンク版iPhone5と同等にGSM通信でドコモ回線が使える。しかしFomaプラスエリアをうまく掴めずSIMアンロックができても場所によって速度がゼロに近いというか通信できない場所がある。
ドコモSIMを使う場合はsp契約mopera契約MVNO SIMと、APN設定と、ファクトリーアンロック(現状不可)もしくはSIM下駄アンロック(R-SIM7+がオススメ)が必要
通常ではAPN設定ができないため、以下の方法で設定する必要がある。

1.アプリ(DL後オフラインでも使えます。)
2.Safari(オンライン環境必要)

このiPhoneでドコモSIMを使う場合APN設定だけではテザリングができないですが、脱獄してTetherMeまたは、MyWi7をインストールすることで使用できます。

SB版iPhone5s


20140206_003.png

モデルA1453 CDMA/GSM

ずっと昔から日本でiPhoneを扱ってきたキャリア。
通信速度、高速通信エリアは毎年どんどん増してきている。
現在ではドコモと同じかやや上になっているのではないだろうか。
とにかく高速通信エリアが広い(笑

ソフトバンクの有効な契約中SIMカードが入っていれば0002softbankに自動的につながる。

SIMアンロックして使うユーザに対してau版ほどのメリットはない。
てか、メリットないです。
ソフトバンク版iPhone5s、5cを買うのであればドコモ版を買ったほうがいいです。有料Wi-Fiが使いたいのであればau版を買ったほうがいいです。

ドコモSIMを使う場合はsp契約mopera契約MVNO SIMと、APN設定と、ファクトリーアンロック(現在可能)もしくはSIM下駄アンロック(R-SIM7+がオススメ)が必要
通常ではAPN設定ができないため、以下の方法で設定する必要がある。
※後日俺ハナブログでファクトリーアンロックを受け付けようと思います。価格は25000円と設定しております。

1.アプリ(DL後オフラインでも使えます。)
2.Safari(オンライン環境必要)

このiPhoneでドコモSIMを使う場合APN設定だけではテザリングができないですが、脱獄してTetherMeまたは、MyWi7をインストールすることで使用できます。

続きは1日おきに新着記事をご確認ください。

------------------------------------

こちらAndroid、iPhone4、iPhone4S用のMicroSIMです。
カットするとiPhpne5や5sで使用できます。
こちらはAmazonで購入するよりポイントとSIM変換アダプタがついてくるのでお勧めです。
さ、ら、に、レビューでQUOカード500円もらえるんだとか…
条件次第で翌日配送が可能とのことです。




こちらはiPhone5 5c 5s用です。おまけとかはつきませんが、定番のAmazonです。
注意して欲しいのが、こちらはSMS付きのSIMカードです。開通前でもSMSオプションを外すことはできません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俺ハナ

Author:俺ハナ
FC2ブログへようこそ!

訪問者
訪問者数をカウントしてくれます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。