スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税前ベストバイ その1

こんんばんわ!
俺ハナです。
記事更新できなくて申し訳ございません。

消費税が5%から8%に増税されるのは4月1日。
あと10日ほどですね。

tax_info_pc_900px.gif

俺ハナが2013年から2014年の本日までにかった商品のなかでかなりのおすすめ商品をご紹介します。

ベストバイその1

LED光源プロジェクター AddTron Qumi Q5

LED光源プロジェクター AddTron Qumi Q5
価格:56,800円(税5%込、送料別)



ポータブルプロジェクターです。
といってもバッテリーは別売です。1万5千円です(笑
大学生であれば合宿とか行くときにプロジェクターがあれば大画面で企画をしたり、夜にゲーム機(Wiiとか)を大画面で楽しむことができます。
俺ハナがこのような5万円以上もする製品を日本メーカーは買わずに海外メーカーを買うのでしょうか?
これには結構深い理由があります。
最初は日本のHPとかEPSONのメーカーを買おうとしました。
ポータブルではないタイプで2.5kg以上が一般的ですね。サイズもA4サイズと高さがランドセルの厚みくらい。
お値段は3~6万円前後です。
しかし、このような国内メーカーでは解像度を調べてみると、ぼかして書いているのか、VGAだとかWVGAとかしか書いていません。
Wikipedia先生によると、
FullHD(1080p)・1920×1080(BSやスカパーHD、Blu-Ray画質)
UXGA ・・・1600×1200
HD(FWXGA) 1366×768(2008年以降のパソコンに採用された)
SXGA・・・1280×1024(パソコン用ディスプレイ)
WXGA・・・1280×800(ノート、モバイルパソコン用ディスプレイ)
WVGA・・・800×480(ケイタイ等のモバイル用ディスプレイ)
SVGA・・・800×600(4:3ディスプレイ)
VGA・・・640×480(SDテレビや昔のパソコン用モニター)SD画質(DVD/アナログ放送)
QVGA・・・320×240(ガラケー等のモバイル用ディスプレイ)ワンセグ放送

日本製プロジェクターの10万円以下のパソコンはほとんど800x600、800x480以下の画質です。
しかし、今回
俺花がチョイスしたこのVIVITEKの台湾製のプロジェクターは5万とちょっと、バッテリー(2時間駆動します)も込で7万しません笑
このVIVITEKのQUMIは1280x800という画質でなんと490g、大きさもA4サイズの半分で高さがガムテープの厚さくらい。
持ち運びに特化していますし、入力端子は赤黄白のケーブルとHDMIのどちらかで、音声は別出力でスピーカー出力もできます。
内臓のスピーカーは音質が悪いです。

なのでこちらもご紹介。
Bluetoothスピーカーですが、アナログ音源の再生も可能なAUX(ライン)入力端子を装備。
バッテリー内臓なので携帯性も問題ないでしょう。




バッテリーは俺ハナは買っていないのですがいずれはバッテリーを買おうかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俺ハナ

Author:俺ハナ
FC2ブログへようこそ!

訪問者
訪問者数をカウントしてくれます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。