スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOOTCAMPでトリプルブート Mac/Win8/Linux





みなさんはBOOTCAMPという言葉を聞いたことが多いと思います。
Macintoshを使っている方はそのBOOTCAMPというのを知らないと絶対損します。

BOOTCAMPを設定していなくてもMacintosh起動時にOptionキーを押しながら起動するとこの画面になります。

20140309_001.jpg

そうですね、簡単に言えばWindowsパソコンでいうデュアルブートという機能ですね、このBOOTCAMPは。
Intel搭載のMacのみにサポートしているみたいです。
MacBookProのような高スペックのパソコンを持っているのにもう一台高スペックのWindowsのパソコンを買うなんてもったいない、2台も持ち運ぶのは重いという人に便利な機能ですね。
ただし注意してほしいことが結構あります。
まず俺ハナのMacBookPro₍2013₎ME662J/Aを使っています。
Intel i5-3230M CPU 2.60GHz
RAM 8.00GB
といったかんじですね。
Windowsを入れても全然不自由なく使えます。
フリーズはしないし...大満足

その注意点のというのが俺ハナのこのMacは64ビット版のWindowsXP/Vista/7/8/8.1にしか対応していないということです。
ええ!
Linuxはだめなの?
なんでなんでー。
となりませんか?
確かにMacはOSXなのでWindowsよりLinuxよりだけど、それでもLinuxを使いたいという人はいるはずですよね。
そこは今後のアップデートに期待しようかな。
これだけでは俺ハナはくじけません。
とりあえずぐぐります。
しかし、Mac/Windowsのデュアルブート、Mac/Linuxのデュアルブートについては結構書かれています。
そこで見つけたのがこのサイトです。
http://www.lifehacker.jp/2010/05/100512wml.html
しかし、この方法はrEFItというのをインストールしなくてはなりません。

インストールするとこのような

20140309_002.jpg

俺ハナ的にはMacの本来のBOOT画面のほうが好きなのでインストールせずいろいろとほかの方法を試しました。

俺ハナは、
OSX
Windows8.1
openSUSE
の3つをインストールしたいです。

まず普通にopenSUSEを普通にインストールしてみた


http://ja.opensuse.org/
ここからDVDISOデータをダウンロードしました。
openSUSE13.1(4.7GB)
続いてUltraISOで8GBのUSBにHDD+USB形式で書き込み。
フォーマットはFAT32ですがUSB+HDDが重要です。

Macをオプション押しながら起動でUSB起動をします。

<画像>

日本語に変更してインストールを続行。
しかし日本語がおかしくのよく意味がわからない日本語。

まー失敗してもいいだろうと思い危ない気がしながらもインストール続行。
結果openSUSEがMacのHDDを全部食ってしまいまして、パーテーション上からMacとWindowsが消えてopenSUSEだけに(笑
オイオイ涙、バックアップなんてとってないぞww

説明書読むの怠いので、適当にイジイジすること1時間。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俺ハナ

Author:俺ハナ
FC2ブログへようこそ!

訪問者
訪問者数をカウントしてくれます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。