スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AU版、SB版iPhone5をR-SIM7+で使う時の注意事項まとめ

ご存知の通り、R-SIM7+をiPhpne5で使う場合は非常に不安定となっている。
とくにドコモのXi(LTE対応)のSIMを扱うユーザーは、非常に危険。
最悪ドコモのXiSIMが壊れる可能性がある。

リスクを犯してまで、iPhone5のSIMアンロックをしたくない場合は、悪いことは言わないのでAmazonとかでドコモ対応のSIMフリーiPhone5を買った方がいい。
なぜなら、俺ハナも心臓に悪影響があると感じるからだ。
出先で、もし地震が起こり津波が着たり、地割れが起こって地下に落ちたりした際、SIMアンロックのせいで電波をつかまなくなり電話などの通信手段がなくなるということは、死を意味する。
大げさですねw
でも、まぁ、第二の通信手段を確保できているPlayBoy形の人には遊び道具として下駄によるSIMアンロックiPhoneを持つのはいいかもしれない。

もう、1週間になりそうだが、俺ハナのR-SIM7+(v6.2)でもたまに圏外になることもある。
『『心臓に悪いので、つながってくれよ~』』と一昨日、実際にラウワンで焦った
R-SIM7+使っての気づきをまとめてみる

AU版、SB版iPhone5をR-SIM7+で1度繋がった後にやってはいけないこと
○電源を0%にすること
→→充電をしてiPhoneが自動起動してもドコモに繋がらなくなる
○SIMトレーを取り出すこと
→→2/12のお昼の実験で判明
○長期間、機内モードにしたらだめなこと
→→おすすめできない


AU版、SB版iPhone5をR-SIM7+で1度繋がった後に圏外になったらするべきこと
○機内モードをONにしてすぐにOFFする
→→非常に効果的なので、俺ハナも結構慣れたw

AU版、SB版iPhone5をR-SIM7+で電池のもちをUPさせたい時にするべきこと
○アプリをなるべく頻繁に消しておく
→→意外と効果的
○設定>通知でなるべくOFFにする
→→これをすることでかなり改善されます
○iCloudなどのモバイルデータ通信をOFF
→→SIM下駄を経由するので、どうしても下駄無し通信よりバッテリー消費があるため
○お休みモードを24時間ON
→→俺ハナも詳しくは判らないけど、ファンヒーターの省エネモードみたい笑

以上かな。
iPhone5の電池のもちが、4Sに比べあがっていることに満足かな
電池の持ちのよさは、個人的感覚として
大<<<<<<<<<<小
iPhone5ですね。

では今日はここまで!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俺ハナ

Author:俺ハナ
FC2ブログへようこそ!

訪問者
訪問者数をカウントしてくれます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。